年配ドライバーと比較すると若い役員運転手は不安?

役員運転手を選ぶときは若いドライバーよりも年配ドライバーの方が採用されやすいのはなぜでしょう?役員の中には若い役員運転手は不安だと感じている人がいるからでしょうか。不安だと感じる理由とは?会社にとってどちらを選択するのがよいのでしょう。若い役員運転手を採用した際のメリットデメリットについてもご紹介します。

目次

若い役員運転手を雇用するうえで不安なことは

想像してみてください。役員運転手と聞いて頭に浮かぶのは、中高年の運転手ではないでしょうか。20代で役員運転手は想像できません。要人を乗せて運転するには運転技術やビジネスマナーが必要です。若い運転手と年配の運転手とでは、年配の運転手を選ぶ人が多いでしょう。なぜなら、若い運転手に不安を感じている役員がいるからです。

その理由として、運転技術が未熟であることが挙げられます。役人運転手は高い運転技術が要求されるため、経験の浅い若い運転手は敬遠されるのではないでしょうか。また、ビジネスマナーが身についていないことも考えられます。

しかし、見た目だけで判断してはいけません。若い役員運転手は乗務経験が浅いように見えますが、一流の運転技術を持っている運転手もいるでしょう。ビジネスマナーにしても同じことが言えます。ビジネスマナーをしっかり身につけた優秀な運転手もたくさんいるからです。

若い役員運転手は運転技術やマナーなどが懸念されますが、年齢だけでよい運転手かどうかを判断するのは早計ではないでしょうか。

参照元:厚生労働省(https://driver-roudou-jikan.mhlw.go.jp/taxi)

若い役員運転手のメリットとデメリット

若い役員運転手と年配の運転手を比較すると、経験の差が生じるのは仕方がありません。若い役員運転手にしかないメリットもあるのではないでしょうか。若い役員運転手を雇用した場合のメリットとデメリットについて解説します。

参照元:厚生労働省(https://driver-roudou-jikan.mhlw.go.jp/taxi)

メリット

メリットは固定観念に取らわれずプライドが高くない、急な変更があってもすぐに対応できる、知識や技術を吸収するスピードが早いことが挙げられます。

年配になると記憶力や俊敏さが衰えてきます。若い人には勝てません。それは仕方がないことで、今までの経験や実践でカバーするしかありません。こだわりを持って仕事をしている運転手もいるでしょう。自分の考えに固執して柔軟な考え方ができなくなっていることもあります。若い人は考え方が柔軟な傾向ですので、その場の状況に合わせて対応することができるでしょう。知識は努力次第で年配の運転手を超えることも可能です。

年配の運転手は新しい情報を理解するのが苦手です。自動車は技術革新のスピードが早いため若い人の方が柔軟な対応ができるでしょう。若い運転手は長時間の業務もこなせる体力があります。長く雇用できるのもメリットだといえるでしょう。

デメリット

若い人は社会に出てからの期間が短いため、技術やビジネスマナーが未熟である、ビジネスマナーを理解しているのかと不安を感じてしまうのがデメリットです。若い役員運転手を雇用すると「若い人で大丈夫?」と接待相手に心配されるでは?と思っている人や、役員運転手は若い運転手よりも年配運転手の方が安定感を感じる人もいるでしょう。

運転が未熟な運転手に命を預けることに不安を感じるのは理解できます。車内で安心して過ごせるのは経験豊富な年配の運転手ではないでしょうか。ビジネスマナーは自分が嫌な思いをするのは我慢できるとしても。接待で相手に不快感を感じさせることがあっては会社の信用にもかかわります。

運転技術の未熟さやビジネスマナーの理解度を考えて、若い運転手よりも安定感のある年配の運転手に依頼する役員もいるでしょう。

それぞれのメリットから判断する

若い役員運転手と年配の運転手、それぞれメリットデメリットがあります。新しい技術やサービスに柔軟に対応できる若い役員運転手を選ぶ人もいれば、運転技術に高さとビジネスマナーを重視して年配の運転手に依頼する人もいます。どちらが良いのか?というのは、会社のニーズや役員の要望を考慮してそれぞれのメリットから判断するといいでしょう。最終的には年齢という枠組みを超えて個人の資質を見る、ということになるのではないでしょうか。

自社に合った役員運転手派遣サービスを選ぶには

役員運転手派遣の利用・乗り換えを検討しているのであれば、まずは自社での用途を洗い出しましょう。その上で重視したいポイントを明確にし、自社に合ったサービスを選ぶ事が大切です。下記のページでは、おすすめの役員運転手派遣サービス3社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

大阪の運転手派遣サービス
おすすめ3選をチェック

高品質な大阪の
役員運転手
派遣サービス3選

大阪で労務管理に対応した役員運転手派遣のサービスを提供する大阪の派遣会社を調査。運行実績のあるドライバーを採用し、事故の補償対応した企業の中から特徴別に3社厳選して紹介しています。

信頼性なら
利便性なら
国際性なら
信頼性なら
業界シェアNo1ブランドの
東京・日本交通
東京・日本交通
引用元:東京・日本交通公式HP(https://tokyo-nihonkotsu.net/)
  • 90年以上の実績を誇るリーディングカンパニー
  • 関西と関東の移動の他国内を一括サポート
おすすめの用途
関西・関東間の国内出張
利便性なら
時間利用が可能な
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー公式HP(https://www.osaka-sogotaxi.co.jp)
  • 観光のみイベント送迎など短時間で利用可能
  • 長期継続契約の定期利用も選択可能
おすすめの用途
観光・イベント送迎
国際性なら
海外出張や海外要人に対応する
国際ハイヤー
国際ハイヤー
引用元:国際ハイヤー公式HP(https://www.kokusai-hire.tokyo/osaka/)
  • 多言語対応で各国のVIP送迎実績あり
  • VIPやゲストの送迎にプレミアムな車両を利用できるLimo
おすすめの用途
海外出張・海外送迎

選定条件:
※2023年4月1日時点のGoogleで「役員運転手派遣 大阪」と検索して出てきた大阪府に事業所を持つ契約形態が請負あるいは派遣の役員運転手派遣会社20社から労務管理に対応、運行実績があるドライバーを派遣すると記載があり、事故の補償対応を行うと記載がある企業をピックアップ。以下の特徴別で選定。
東京・日本交通:日経MJ(2022年10月19日発行)で13年連続(2010年~2022年)売上No1を受賞しているタクシー・ハイヤー会社
大阪相互タクシー:1日または3時間から時間単位の利用が可能なタクシー・ハイヤー会社
国際ハイヤー:外国語対応しV.I.Pの送迎実績のあるドライバーが運行すると明記しているタクシー・ハイヤー会社