女性役員運転手を雇用するために必要なこと

役員運転手はほとんどが男性で、女性が採用されているケースはまだまだ少ないようです。女性役員も増えていますが、男性役員の方が多いため、男性運転手は採用されやすいと言えるでしょう。男性役員も「同性の方が安心できる」ということも考えられます。女性運転手を雇用するメリットや雇用する際に確認しておくことについてまとめました。

目次

役員運転手に女性を雇用するメリット

タクシー業界に女性ドライバーが増えているように、役員運転手も女性ドライバーの進出が増えてきています。役員運転手は男性と女性どちらが良いのかは人によって異なりますが、気配りという点で見ていきますと、女性ドライバーの方がより細やかな気配りをする印象はあります。役員運転手に女性を雇用する場合、どのようなメリットがあるのでしょう。

参照元:厚生労働省(https://driver-roudou-jikan.mhlw.go.jp/taxi)

女性役員が車内でリラックスできる

男性運転手は何かあったときに頼りになります。女性は男性に比べてしぐさや話し方もやわらかく、丁寧で細かいところまでよく気が付くというイメージを持っている人もいるでしょう。各企業では女性が社会で活躍する場を設ける動きがあり、女性役員の数も増えています。女性役員が車で移動するときは運転手と2人きりになり、車内は密室状態です。時間に追われている毎日、車内はリラックスできる場所でもあります。

女性役員にとっては男性運転手よりも女性運転手の方が安心して休めるでしょう。役員運転手に女性を雇用すれば、女性役員が働きやすい環境を作ることができます。

やわらかい印象を与える

タクシーに乗車したとき男性運転手の場合、「ちょっと怖い」「威圧感を感じる」「不愛想」と思った女性もいるではないでしょうか。乗っている間緊張感があり、「早く目的地に到着すればいいのに」と内心ドキドキです。すべての人がそうではありません。優しく話し掛けてくれたり、対応が丁寧な男性運転手もいます。

役員運転手は裏方の仕事です。相手に威圧感を与える必要はないでしょう。おしゃべりが過ぎる人も考え物ですが、威圧感を与える人は気分も下がります。逆に女性はやわらかい印象を与えてくれるので、役員も車内で気分良く過ごすことができ、女性役員の場合は特に安心できるでしょう。これも役員運転手に女性を雇うメリットだと言えます。

女性役員運転手を雇用するために確認しておくこと

雇用・労働条件を見直す

女性役員運転手が必要になった場合、募集をしてもなかなか見つからないこともあるでしょう。女性運転手を雇用する場合、確認しておきたいことは以下の点です。

どの職場でも家事や育児をしながら働いている女性はいます。役員運転手に女性が少ないのは労働時間の長さです。残業や休日出勤の対応も難しい場合もあります。子どもが急に病気になるかもしれません。女性を役員運転手として雇用するには労働環境の見直しが重要です。

何かあったときの対応策として、ほかの業務との兼ね合いも見ながら調整すること、一人ではなく複数のドライバーを確保しておくと負担が軽減されるでしょう。役員運転手に女性の雇用を検討している企業にとってワークライフバランスの貢献にも繋がります。

参照元:厚生労働省(https://driver-roudou-jikan.mhlw.go.jp/taxi)

派遣会社への依頼する

自社で女性役員運転手の募集をしても応募があるかどうかはわかりません。派遣会社に依頼することも検討してみましょう。派遣会社では役員運転手として一定のスキルを取得している運転手を斡旋してくれます。必要な時間だけ依頼することも可能です。効率的に活用すれば経費節約にも繋がります。

派遣会社を選ぶときは、運転技術や接客態度、ビジネスマナーなどの厳しい研修を受講している運転手が在籍している、実地研修で地理やルートなど実践的な知識を身につけている、女性役員運転手が在籍している会社を選ぶといいでしょう。

参照元:セントラルサービス(https://www.central-service-group.jp/info/2021/0412175625184.html#i-5)

女性役員運転手は必要な存在である

ほとんどの役員が男性で、男性運転手を雇用している企業が多いですが、女性役員も増えつつあります。女性役員にとって女性役員運転手を必要としている人もいるでしょう。女性は子育て中であっても労働条件が整っていれば運転手として働くことが可能です。

男性役員にとって同性の運転手を雇用するように、女性役員も同性が良いと思っているのではないでしょうか。女性役員運転手は必要な存在です。募集をしてもなかなか応募がない場合は、女性役員運転手が在籍している派遣会社を利用して下さい。厳しい研修を受講し知識やスキルを身につけた女性がいますので即戦力になるでしょう。雇用する企業としてもワークライフバランスに貢献していることをアピールできます。

自社に合った役員運転手派遣サービスを選ぶには

役員運転手派遣の利用・乗り換えを検討しているのであれば、まずは自社での用途を洗い出しましょう。その上で重視したいポイントを明確にし、自社に合ったサービスを選ぶ事が大切です。下記のページでは、おすすめの役員運転手派遣サービス3社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

大阪の運転手派遣サービス
おすすめ3選をチェック

高品質な大阪の
役員運転手
派遣サービス3選

大阪で労務管理に対応した役員運転手派遣のサービスを提供する大阪の派遣会社を調査。運行実績のあるドライバーを採用し、事故の補償対応した企業の中から特徴別に3社厳選して紹介しています。

信頼性なら
利便性なら
国際性なら
信頼性なら
業界シェアNo1ブランドの
東京・日本交通
東京・日本交通
引用元:東京・日本交通公式HP(https://tokyo-nihonkotsu.net/)
  • 90年以上の実績を誇るリーディングカンパニー
  • 関西と関東の移動の他国内を一括サポート
おすすめの用途
関西・関東間の国内出張
利便性なら
時間利用が可能な
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー公式HP(https://www.osaka-sogotaxi.co.jp)
  • 観光のみイベント送迎など短時間で利用可能
  • 長期継続契約の定期利用も選択可能
おすすめの用途
観光・イベント送迎
国際性なら
海外出張や海外要人に対応する
国際ハイヤー
国際ハイヤー
引用元:国際ハイヤー公式HP(https://www.kokusai-hire.tokyo/osaka/)
  • 多言語対応で各国のVIP送迎実績あり
  • VIPやゲストの送迎にプレミアムな車両を利用できるLimo
おすすめの用途
海外出張・海外送迎

選定条件:
※2023年4月1日時点のGoogleで「役員運転手派遣 大阪」と検索して出てきた大阪府に事業所を持つ契約形態が請負あるいは派遣の役員運転手派遣会社20社から労務管理に対応、運行実績があるドライバーを派遣すると記載があり、事故の補償対応を行うと記載がある企業をピックアップ。以下の特徴別で選定。
東京・日本交通:日経MJ(2022年10月19日発行)で13年連続(2010年~2022年)売上No1を受賞しているタクシー・ハイヤー会社
大阪相互タクシー:1日または3時間から時間単位の利用が可能なタクシー・ハイヤー会社
国際ハイヤー:外国語対応しV.I.Pの送迎実績のあるドライバーが運行すると明記しているタクシー・ハイヤー会社