情報漏洩の心配はない?

ここでは役員運転手にも関連が深い企業の情報漏洩や守秘義務の重要性について解説しています。情報漏洩によりどのようなダメージを受けることになるのか、役員運転手派遣サービスの安全性についてもご紹介します。

目次

役員運転手派遣サービスは自社雇用より守秘義務が徹底している理由

守秘義務違反は会社に重大な損害を与える

役員運転手にとって守秘義務の徹底は非常に重要です。業績や新製品情報など会社の機密情報が漏洩してしまうと上場企業であれば株価にも影響を与えかねませんし、知的財産の喪失や競争力低下にもつながるからです。役員と近い距離にある運転手の守秘義務違反は会社に重大な損害を与えてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

派遣サービス会社にとっても信用失墜リスク

守秘義務違反による情報漏洩は役員運転手を派遣するサービス提供会社にとっても命取りになります。運転手本人だけでなく会社としての信用を落としてしまい、契約を継続するのは難しくなるでしょう。また派遣した役員運転手による情報漏洩が派遣先企業に何らかの損害が発生した場合、訴訟や損害賠償請求につながります。

守秘義務の意識が高い運転手派遣サービス
会社

役員運転手派遣サービス会社にとって情報漏洩は死活問題となるため、守秘義務の遵守は徹底されます。当然ながら情報漏洩のリスクや守秘義務に関しては定期的な研修を行い監視体制も構築しています。自社雇用の役員運転手にも研修制度はありますが、守秘義務への意識の高さは派遣会社の方が上とも考えられます。

派遣役員運転手は関わりが浅いことがプラスに

派遣サービス会社に所属する役員運転手は、正社員で雇用される運転手よりも内部の組織や社員との関わりは浅くなります。これはデメリットと言えますが、情報漏洩防止の観点からするとプラスに働きます。役員の送迎業務を仕事としてこなしますが、仲の良い社員にうっかり話してしまうことが起きにくいからです。

まとめ

心配ほど派遣の情報漏洩リスクは高くない

外部に依頼する役員運転手派遣サービスは、一見すると情報漏洩のリスクが大きくなるイメージがありますが、守秘義務への意識や緊張感は雇用する場合よりもしっかりとしていて、むしろ安全性が高いとも言えます。いずれにしろ役員運転手といかに信頼関係を築けるかがポイントになります。

役員運転手派遣の疑問について
もっと詳しく見る

自社に合った役員運転手を求めるなら

このメディアでは、他にも、大阪府で利用可能な役員運転手派遣会社を紹介しています。TOPページでは企業の役員が利用する傾向に合わせてオススメの派遣会社3社を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

自社に合った役員運転手派遣サービスを選ぶには

役員運転手派遣の利用・乗り換えを検討しているのであれば、まずは自社での用途を洗い出しましょう。その上で重視したいポイントを明確にし、自社に合ったサービスを選ぶ事が大切です。下記のページでは、おすすめの役員運転手派遣サービス3社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

大阪の運転手派遣サービス
おすすめ3選をチェック

高品質な大阪の
役員運転手
派遣サービス3選

大阪で労務管理に対応した役員運転手派遣のサービスを提供する大阪の派遣会社を調査。運行実績のあるドライバーを採用し、事故の補償対応した企業の中から特徴別に3社厳選して紹介しています。

信頼性なら
利便性なら
国際性なら
信頼性なら
業界シェアNo1ブランドの
東京・日本交通
東京・日本交通
引用元:東京・日本交通公式HP(https://tokyo-nihonkotsu.net/)
  • 90年以上の実績を誇るリーディングカンパニー
  • 関西と関東の移動の他国内を一括サポート
おすすめの用途
関西・関東間の国内出張
利便性なら
時間利用が可能な
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー公式HP(https://www.osaka-sogotaxi.co.jp)
  • 観光のみイベント送迎など短時間で利用可能
  • 長期継続契約の定期利用も選択可能
おすすめの用途
観光・イベント送迎
国際性なら
海外出張や海外要人に対応する
国際ハイヤー
国際ハイヤー
引用元:国際ハイヤー公式HP(https://www.kokusai-hire.tokyo/osaka/)
  • 多言語対応で各国のVIP送迎実績あり
  • VIPやゲストの送迎にプレミアムな車両を利用できるLimo
おすすめの用途
海外出張・海外送迎

選定条件:
※2023年4月1日時点のGoogleで「役員運転手派遣 大阪」と検索して出てきた大阪府に事業所を持つ契約形態が請負あるいは派遣の役員運転手派遣会社20社から労務管理に対応、運行実績があるドライバーを派遣すると記載があり、事故の補償対応を行うと記載がある企業をピックアップ。以下の特徴別で選定。
東京・日本交通:日経MJ(2022年10月19日発行)で13年連続(2010年~2022年)売上No1を受賞しているタクシー・ハイヤー会社
大阪相互タクシー:1日または3時間から時間単位の利用が可能なタクシー・ハイヤー会社
国際ハイヤー:外国語対応しV.I.Pの送迎実績のあるドライバーが運行すると明記しているタクシー・ハイヤー会社