スポット契約と定期契約の違いは?

ここでは役員運転手の派遣サービスにおけるスポット契約と定期契約の違いについてリサーチ。それぞれの特徴やメリットをピックアップし、どういったケースでの利用がすすめられるのかなどについてご紹介します。

目次

スポット契約の特徴

必要な時だけサービスを利用できる契約形態

スポットとは必要な時だけ運転手を派遣してもらう契約形態です。自社で役員運転手による送迎をしなければならない時だけ依頼すればよく、運転手側も常に待機することは求められないため時間を効率的に使うことができます。

頻度が低ければ無駄なコストが発生しない

定期契約とは違って料金は都度発生なので、利用頻度が低い場合は無駄なコストがかかりません。一方で時間単価が高めに設定されているため、利用頻度が高くなると定期契約よりも高くなってしまうデメリットもあります。

急な要件が発生してもスムーズに対応可能

専属の役員運転手を雇う場合は、スケジュールが埋まっていたり休暇中に急な要件が発生すると対応が難しいですが、スポット契約なら柔軟に対応できます。また何らかの理由で運転手不在になった際の一時利用も可能です。

定期契約の特徴

月間・年間で契約し何度送迎しても同料金

定期契約は基本時間/基本走行距離内であれば固定料金なので、役員運転手の出動回数に関係なく料金は同じです。役員運転手が活躍するシーンが少ないと空き時間が無駄になりますが、利用頻度が高いほどコスパは良くなります。

毎回同じ運転手なので信頼関係を築きやすい

定期契約は基本的に同じ運転手が担当します。そのため役員と運転手の間で信頼関係が築きやすいというメリットがあります。役員運転手は会社の機密情報を知る機会が多くなるため信頼関係ができる点は大きいと言えます。

正社員の運転手を雇用するよりコストが低い

定期契約は一定期間決まった料金を支払うのみで完結します。正社員の場合は給与だけでなく社会保険や労務管理にも手間と費用がかかりますが、定期契約は専属的に役員運転手を確保でき雇用するより低コストになります。

まとめ

自社の役員運転手ニーズに合った契約を選択

役員運転派遣サービスは契約形態によってそれぞれメリット・デメリットがあります。特徴を生かすためには、自社で役員運転手が活躍するシーンがどの程度あるのか、業務範囲や重要度も含め検討した上で選ぶことが大切です。

役員運転手派遣の疑問について
もっと詳しく見る

自社に合った役員運転手を求めるなら

このメディアでは、他にも、大阪府で利用可能な役員運転手派遣会社を紹介しています。TOPページでは企業の役員が利用する傾向に合わせてオススメの派遣会社3社を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

自社に合った役員運転手派遣サービスを選ぶには

役員運転手派遣の利用・乗り換えを検討しているのであれば、まずは自社での用途を洗い出しましょう。その上で重視したいポイントを明確にし、自社に合ったサービスを選ぶ事が大切です。下記のページでは、おすすめの役員運転手派遣サービス3社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

大阪の運転手派遣サービス
おすすめ3選をチェック

高品質な大阪の
役員運転手
派遣サービス3選

大阪で労務管理に対応した役員運転手派遣のサービスを提供する大阪の派遣会社を調査。運行実績のあるドライバーを採用し、事故の補償対応した企業の中から特徴別に3社厳選して紹介しています。

信頼性なら
利便性なら
国際性なら
信頼性なら
業界シェアNo1ブランドの
東京・日本交通
東京・日本交通
引用元:東京・日本交通公式HP(https://tokyo-nihonkotsu.net/)
  • 90年以上の実績を誇るリーディングカンパニー
  • 関西と関東の移動の他国内を一括サポート
おすすめの用途
関西・関東間の国内出張
利便性なら
時間利用が可能な
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー公式HP(https://www.osaka-sogotaxi.co.jp)
  • 観光のみイベント送迎など短時間で利用可能
  • 長期継続契約の定期利用も選択可能
おすすめの用途
観光・イベント送迎
国際性なら
海外出張や海外要人に対応する
国際ハイヤー
国際ハイヤー
引用元:国際ハイヤー公式HP(https://www.kokusai-hire.tokyo/osaka/)
  • 多言語対応で各国のVIP送迎実績あり
  • VIPやゲストの送迎にプレミアムな車両を利用できるLimo
おすすめの用途
海外出張・海外送迎

選定条件:
※2023年4月1日時点のGoogleで「役員運転手派遣 大阪」と検索して出てきた大阪府に事業所を持つ契約形態が請負あるいは派遣の役員運転手派遣会社20社から労務管理に対応、運行実績があるドライバーを派遣すると記載があり、事故の補償対応を行うと記載がある企業をピックアップ。以下の特徴別で選定。
東京・日本交通:日経MJ(2022年10月19日発行)で13年連続(2010年~2022年)売上No1を受賞しているタクシー・ハイヤー会社
大阪相互タクシー:1日または3時間から時間単位の利用が可能なタクシー・ハイヤー会社
国際ハイヤー:外国語対応しV.I.Pの送迎実績のあるドライバーが運行すると明記しているタクシー・ハイヤー会社