役員運転手が持っている資格

ここでは役員運転手が持っている資格について調査。必須とされているもの以外に、取得しているとさまざまなシーンで役に立つ資格についても紹介。また資格でなくても役員運転手が持つべきスキルについても解説しています。

目次

運転免許

普通自動車第一種運転免許があれば問題ない

役員運転手に必要なのは普通自動車第一種運転免許です。不特定多数を乗せるハイヤーやタクシーは第二種運転免許が必須ですが、役員運転手が運転するのは白ナンバーの社用車です。第二種運転免許取得はスキルの証明になりますが、なくても役員運転手はできます。

安全運転管理者

一定数以上自動車を所有する事業者に必要

自動車の安全性の高い運転に必要な業務を行うため自動車を5台以上所有している事業所は安全運転管理者を選任しなければなりません。車両運行管理業務を委託した会社に必要が生じることはありますが、役員運転手自体が安全運転管理者であることは求められません。

救命技能資格

万が一の際に迅速で適切な対応が可能になる

心肺蘇生やAEDの使い方、ケガなどの応急手当の習得を目的とした資格です。消防署などで救命講習を受講して一定のレベルに達すると技能認定証が発行されます。万が一の際に迅速かつ適切な対応を行うため、役員運転手が取得していると安心感を持つことができ役に立つ資格です。

ホームヘルパー資格

要介護者自立支援の資格で役員運転手には
不要

介護保険法に基づき要介護者の自宅での日常生活の援助を行う訪問介護員が取得する資格です。したがって役員運転者に取得が必要な資格とは言えません。身の回りの世話をするお手伝いさん(家政婦)とは全く異なるものですので混同しないように注意が必要です。

運転手が持っているべきスキル

資格より役員運転手としての基本スキルが
重要

役員運転手は資格より持っておくべきスキルがあります。運転技術はもちろんですが、役員に対する心遣いやビジネスマナー、コミュニケーション能力、守秘義務の徹底などが求められます。また、会社によっては乗務員に秘書検定を受験させているところもあります。役員運転手を選ぶ際にはこうしたスキルの有無を重視するとよいでしょう。

まとめ

会社が求める運転手業務に応えられるかで
判断

役員運転手になるためには普通自動車免許が必要な程度で、取得が難しい資格は絶対必要ではありません。個人の性格や経験などにも影響され、明確な基準もないため資格よりも、会社が求めている役員運転手の業務に応えられるかどうかで判断することが大切です。

役員運転手派遣の疑問について
もっと詳しく見る

自社に合った役員運転手を求めるなら

このメディアでは、他にも、大阪府で利用可能な役員運転手派遣会社を紹介しています。TOPページでは企業の役員が利用する傾向に合わせてオススメの派遣会社3社を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

自社に合った役員運転手派遣サービスを選ぶには

役員運転手派遣の利用・乗り換えを検討しているのであれば、まずは自社での用途を洗い出しましょう。その上で重視したいポイントを明確にし、自社に合ったサービスを選ぶ事が大切です。下記のページでは、おすすめの役員運転手派遣サービス3社を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

大阪の運転手派遣サービス
おすすめ3選をチェック

高品質な大阪の
役員運転手
派遣サービス3選

大阪で労務管理に対応した役員運転手派遣のサービスを提供する大阪の派遣会社を調査。運行実績のあるドライバーを採用し、事故の補償対応した企業の中から特徴別に3社厳選して紹介しています。

信頼性なら
利便性なら
国際性なら
信頼性なら
業界シェアNo1ブランドの
東京・日本交通
東京・日本交通
引用元:東京・日本交通公式HP(https://tokyo-nihonkotsu.net/)
  • 90年以上の実績を誇るリーディングカンパニー
  • 関西と関東の移動の他国内を一括サポート
おすすめの用途
関西・関東間の国内出張
利便性なら
時間利用が可能な
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー
大阪相互タクシー公式HP(https://www.osaka-sogotaxi.co.jp)
  • 観光のみイベント送迎など短時間で利用可能
  • 長期継続契約の定期利用も選択可能
おすすめの用途
観光・イベント送迎
国際性なら
海外出張や海外要人に対応する
国際ハイヤー
国際ハイヤー
引用元:国際ハイヤー公式HP(https://www.kokusai-hire.tokyo/osaka/)
  • 多言語対応で各国のVIP送迎実績あり
  • VIPやゲストの送迎にプレミアムな車両を利用できるLimo
おすすめの用途
海外出張・海外送迎

選定条件:
※2023年4月1日時点のGoogleで「役員運転手派遣 大阪」と検索して出てきた大阪府に事業所を持つ契約形態が請負あるいは派遣の役員運転手派遣会社20社から労務管理に対応、運行実績があるドライバーを派遣すると記載があり、事故の補償対応を行うと記載がある企業をピックアップ。以下の特徴別で選定。
東京・日本交通:日経MJ(2022年10月19日発行)で13年連続(2010年~2022年)売上No1を受賞しているタクシー・ハイヤー会社
大阪相互タクシー:1日または3時間から時間単位の利用が可能なタクシー・ハイヤー会社
国際ハイヤー:外国語対応しV.I.Pの送迎実績のあるドライバーが運行すると明記しているタクシー・ハイヤー会社